戦略的食品産業育成支援事業

サンキ商会

戦略的食品産業育成支援事業 サンキ商会


ままかりの押し寿司


ままかりのオリーブ漬け

かに・ほたるいかの煮こごり 

かにの煮こごり製造中

工場 
《サンキ商会 ままかりの押し寿司の試食》
《トレードショウ出店風景》


その土地のものを使い、素材を活かした商品

製品開発、製造、販売の
一貫した体制

創業から蓄積してきたノウハウを生かす


ままかりの押し寿司などで有名なサンキ商会に、戦略的食品産業育成支援事業に応募された経緯などをお伺いしました。

製品づくりのモットーは
「企業活動への全員参加」の理念をもとに、瀬戸内をはじめ、各地の海産資源を用いた惣菜珍味・乾物用の品々を、製品開発、製造、販売の一貫した体制で作り、お届けしていくことです。

主要な商品は
ままかりの押し寿司。
その他にも多くの商品を作っているので限定はしにくいですね。ただ、商品すべてに共通していえることは、その土地のものを使い、素材を活かした商品ということです。

イチオシ商品とそのセリングポイント
岡山の郷土料理でもある「ままかりを押し寿司」です。
素材にこだわり、ままかりはすべて国内産を使用しています。お米は岡山県産朝日米を、炊飯の水は東粟倉村の後山(岡山県北部)の天然水を使用しています。
酢飯の間には、酢漬けした蒜山大根をはさみ、食感を出しました。さらに、香り付けに大葉を添えています。

強みやこだわりポイントは
創業から蓄積してきたノウハウを生かして、各地の名産を商品化し、その地元で販売していきたいです。
また、岡山県の美味を追求し、全国に発信していければ素晴らしいです。

戦略的食品産業育成支援事業に応募した経緯は
岡山県下の食品メーカーとして、岡山県で親しまれている名産品を全国に広げていきたいと思い、今回応募しました。

消費者ニーズや流通業界に対する分析は
昨今、おみやげといった形が無くなりつつあります。それにともない、自宅消費へ需要がシフトしています。
その中で、地方の味付けや雰囲気が感じられる商品が売れています。
地産地消にこだわった、少々値段が高くても高品質で満足度が得られるような付加価値の高い商品を消費者は求めるようになっていると思います。
そのような消費者のニーズの変化にお応えできる商品を作っていく必要があると感じています。

売れる商品づくり
岡山県の名産品だけにとどまらず、各地域・地方の特色を活かした素材を使用して、商品づくりを行っていくことが肝要と思っています。
例えば、兵庫県の三田牛を使って商品化し、それを同一県内で販売するなど、名産を使った「地産地消」に努めていきたいです。

既存商品の改良や売り方を工夫している点
新規商品の企画はもちろん、昔ながらの味付けも今風に変更するなど、既存商品の改良も含めて、年間約60種の新商品開発・改良を行っていきたいです。

首都圏への販路拡大
東京にあるアンテナショップをはじめ、百貨店などでの催事やもっと地域に密着したローカルなイベントにも積極的に参加していきたいと思っています。

戦略的食品産業育成支援事業の成果や進捗状況は
東京のアンテナショップでも展開しており、下津井のタコを使用した「たこめしの素」や「ままかりの酢漬け」などは好評をいただいています。
他県にお住まいの岡山出身者の方にも懐かしい味をご提供できるように努めていきたいです。




サンキ商会
サンキ商会は、1971年に惣菜・珍味のメーカーとして創業。
現在は、小売店・サービスエリアを中心に各地方の名産品を販売しています。
業務拡大にともない、2007年に西大寺工場(岡山市東区)が稼働開始。
現在の商品は700アイテムにものぼります。

中でもままかりに関連する商品は今年で約30種類に。
特に、焼ままかり詰合せは絶品で、第50回全国水産加工たべもの品評会で、農林水産大臣賞を受賞しました
ままかり関連の商品だけで、年間約30万個以上の販売実績があり、岡山のお土産としても最適です。
(写真は代表取締役 吉田誠氏)




戦略的食品産業育成支援事業

大豆まるごと工房

久津間製菓

倉敷花桜ハム

甲修園

サンキ商会

タートルファーム

トスティーノコーヒー

戻る